ブログ記事一覧

【候補者必見】「選挙カーがうるさい!」とクレームが来た時の対処方法について

選挙期間中、
どうしても選挙カーに関するクレームは発生します。

その中でも、
やはり多いのが「選挙カーがうるさい!」というクレームです。

ネットで検索しても、
選挙カー関連の情報は「とにかく選挙カーがうるさい!」というのがほとんど。

どれだけ嫌われいるの?って話なのですが、
選挙においては有権者の意見には耳をしっかりと傾けるのが候補者としての役目。

そこで、
選挙期間中に「選挙カーがうるさい!」とクレームが来た時の対処方法について書いていきましょう。

あわせて読みたい▼▼▼
→【選挙カーは効果があるの?

選挙カーへのクレームが選挙事務所に来た場合

選挙事務所へ選挙カーのクレームの連絡が来た場合ですが、
これは主に電話がメインとなる連絡手段かと思いますので、真摯にその意見について耳を傾け、相手の言い分が正しければ素直に謝罪するのが懸命です。

電話をかけてきてクレームを伝えるほどなので、
よほど怒っているケースがほとんどでしょう。

火に油を注ぐような対応にならないよう、
候補者がいれば候補者が、選挙参謀や候補者以外の責任者がいればその人が電話口でしっかりと話しを聞いて対応しましょう。

これは経験談なのですが、
「他の陣営の仕業?」「本当にクレーム?」という電話口撃もあります。

「演説している選挙カーがうるさいんだけど!」と候補者の携帯電話に直接かかってきたことがありますが、詳しく聞いてみるとその日時に演説はしていなかった、なんてこともありました。

真っ先に謝罪せずに、
電話口でよくよく相手の言い分を聞いておくのがポイントですね。

選挙カーが走行中にクレームが来た場合

「選挙カーがうるさい!」ともしも選挙カーが走行中にクレームが来た場合、
これはもうその時にマイクを握っている担当者(ウグイス嬢がいるならその彼女)からやさしく「お騒がせしまして大変申し訳ありません」と謝罪するのがいいでしょう。

選挙カー走行中にクレームが聞こえるなんてほとんどありませんが、
まれに信号待ちしている時に「選挙カーがうるさい!」なんてクレームが聞こえてくることがあります。

この場合は、
そのクレームが自陣営へのものなのか、選挙期間を通じて全候補者に向けて言っているのかにもよりますよね。

なので、
自陣営がもしもルールを無視して選挙カーを運用していることに対するクレームならば真摯にその人から話を聞いて、落ち度があれば謝罪するのがいいでしょう。

それ以外であれば、
やさしく「大変お騒がせ致しております」と謝意を込めてコメントするのがいいですね。

関連リンク▼▼▼
→【選挙カーの適正な速度って?

選挙カーを使って演説をしている時にクレームが来た場合

選挙カーの音響設備やマイクを使って演説をしている時のクレームはどのようにしたらいいのでしょうか?

まず第一には、
ルールを守っているのであれば候補者は演説を止める必要はありません。

区切りのいいところまでは演説を続け、
クレームを言ってくる方へは別のスタッフが対応するようにしましょう。

たまに、
酒に酔って面白半分で「うるさい!」とクレームをつけてくる人もいるので困ったものなのですが。

また、
候補者が女性でスタッフも女性が多い場合はクレーマーがナメてかかってくるケースもあります。

この場合は毅然とした態度で、そのクレーマーに対応するようにしましょう。

票ハラ(票を入れてやるから言うことを聞け!というハラスメント)という言葉がありますが、
クレームを付けてくる人は候補者を自分よりも弱い立場と思っている場合もあります。

別に、
有権者が偉くて候補者が劣るなんてことは一切ありません。

あくまで権利に基づいて立候補しているだけなので、
こうしたクレームや票ハラがもしも発生したら毅然とした態度で出来れば男性が応対するようにしましょう。

クレームを言ってきた人がまだその場にいる場合は、
演説が終了してから候補者がきちっと話を聞いて対応すればOKです。

最初のきっかけはクレームだったけど、
しっかりと話を聞いたらいつもまにかファンになってくれたケースもあるので、やはり応対をきちっとすることが重要なポイントなのです。

あわせて読みたい▼▼▼
→【選挙カーのサイズや車種は票に影響する?

警察や選挙管理委員会はなるべく事を荒立てたくないのが本音

選挙カーに限らず、
選挙期間中のクレームや問題は多くは所轄の警察や選挙管理委員会に連絡が行くことになります。

警察や選挙管理委員会は、
「一応こんな連絡があったので注意してくださいね」と該当する陣営に連絡してくれます。

彼らのスタンスとしては、
投開票まではコトを荒立てずに無事に選挙が終わってほしい、というものです。

なにか問題があれば動かざるを得ませんが、
曖昧な公職選挙法とすべての候補者をタイムリーに監視しているわけではない状況からも、連絡があった人の意見だけを鵜呑みにして候補者を取り締まることは避けたいのです。

A候補者はOKだったのに、とか、
B候補者はこんなルール違反をしていた、とか、選挙期間中は候補者たちも神経質になっているのでネガティブキャンペーン(落選運動)をしたくなる気持ちも分かります。

ですが、
警察や選挙管理委員会の良い意味での「事なかれ主義」を尊重し、選挙期間内での選挙カーやその他へのクレームはなるべく対応しないでおきたいという本心を候補者は理解しておきましょう。

あわせて読みたい▼▼▼
→【選挙カーにクレームを言う人は選挙に無関心?

まとめ

「選挙カーがうるさい!」とクレームが来た場合は、
グッとこらえて紳士的(女性ならば淑女的)に対応するのが一番です。

選挙カーに対して文句を言ってくる人は、
おそらく選挙にそこまで関心がない人、または投票にはいかないような人がほとんどでしょう。

よほどルールを逸脱した陣営の選挙カーならば、
選挙管理委員会や警察も動かざるを得ませんが、そうでもない限りはまずはその場で謝罪をして収まるのを待つのが懸命でしょう。

法律によって選挙カーの使用は、
どの候補者にも認められている権利です。

個人の差によっては、
うるさいと感じる人もいれば歓迎してくれる人もいます。

ルールに沿った選挙カーの利用をしている自信があれば、
堂々と選挙カーを使って選挙運動をすればいい、ということを覚えておきましょうね。

関連記事

  1. ブログ記事一覧

    選挙カーのガソリン代は公費負担だが給油してくれるスタンドが減少している?

    選挙が始まると、街中には選挙カーが走り出します。その選挙カ…

  2. ブログ記事一覧

    【芸能人も否定的?】参議院選挙でも選挙カーがうるさいと言う意見が多い?

    2019年7月は、全国で参議院選挙が展開されています。当然…

  3. ブログ記事一覧

    これだけでOK!選挙カー走行中のマイク文言の原稿はシンプルな方がいい!

    これだけでOK!選挙カー走行中のマイク文言の原稿はシンプルな方がいい!…

  4. ブログ記事一覧

    トランプ大統領の電撃訪朝からSNSの有用性と選挙カーのこれからを考える|選挙カー悩み解決.com

    トランプ大統領の電撃訪朝からSNSの有用性と選挙カーのこれからを考える…

  5. ブログ記事一覧

    【実際に乗ってみた感想】選挙カーの適度なスピードとはだいたい時速何キロくらい?

    【実際に乗ってみた感想】選挙カーの適度なスピードとはだいたい時速何キロ…

  6. ブログ記事一覧

    【選挙カーの公費負担について】行政はどのくらいの金額を出してくれるの?

    選挙カーを選挙で利用する際、それぞれの方法によって公費負担の恩恵が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

  1. ブログ記事一覧

    【選挙カーの疑問】うるさい!と言われる選挙カーは走らせると逆効果になるのか?
  2. ブログ記事一覧

    選挙カーがうるさい!と感じる理由は「選挙に関心がないから」?
  3. ブログ記事一覧

    外国人から見たら選挙カーは変かもしれないけどそりゃしょうがない?選挙カー悩み解決…
  4. ブログ記事一覧

    【まずはコレ!】選挙中は信号待ちの時は選挙カーのマイクは使わないようにしよう!
  5. ブログ記事一覧

    【うるさい選挙カーは廃止にするべき?】実際に選挙を経験して見えた実情とは?
PAGE TOP